初めての産毛脱毛は口コミの評判の良いサロンで

Posted by user - 6月 6th, 2017

おでこや額、鼻の下などに産毛が生えているにもかかわらず、細くて目立たないので、これぐらいならかまわないだろうと考え、そのままにしている女性は少なくありません。
しかし量が多いと、どれだけ一本一本が細くても、肌の色を暗くする原因になるので、ファンデーションのノリが悪くなってしまいます。
美白化粧品を毎日使っているのに、顔の色が暗いとお悩みの方があれば、たくさん生えている産毛を一本残らずなくすことを検討するようにしましょう。

顔から余分な産毛を簡単になくす方法は、カミソリを使って剃ることですが、肌は敏感で傷つきやすいので、そんなことをすれば、あとで湿疹や吹き出物が出来る恐れがあります。
一度そんな状態になると、治るのに時間がかかりますから、そんな荒れた肌になりたくないなら、エステサロンで産毛脱毛をするようにしてください。

今は昔に比べると、エステサロンの脱毛料金も下がってきているので、学生でも気軽に試すことが出来ます。
ただし料金が安いだけで、技術がいまいちのところもありますから、初めて産毛脱毛に行くときは、出来るだけ口コミの評判の良いサロンを選ぶようにしましょう。
口コミや産毛脱毛ランキングはインターネットを使って調べられるので、時間があるときに探してみてください。

脱毛での、もみあげの類語は

Posted by user - 4月 23rd, 2017

「もみあげ」の言葉の印象は、あまりにも男性的すぎるということなのか、脱毛を行っているエステやクリニックでは、類語を使って紹介している場合もあります。
他の部位で言えばたとえばアンダーヘアの部位に関して、デリケートゾーンという言葉であったり、そのほかVIOライン、ハイジニ―ナなどといった紹介の仕方を行っています。
それによって清潔感があり女性的な印象を与えたりするといった効果があります。他者との会話の中でも、この部位を伝えやすい言葉です。
それと同じようにもみあげも、別の表現が使われていることが多いということなのです。
「フェイスライン」という言葉だと、下あごやあご周りを含むこともありますが、「フェイスラインサイド」であると、もみあげと同義で使われていることが多くなります。
ただし「もみあげ」はいちばんピンポイントに部位を想像できる言葉です。それだけのイメージを与える類語の存在が今のところはなく、定着もしていませんので、勘違いを防ぐ意味からも「もみあげ」と使われているのも多く見られます。
電話などでエステやクリニックに問い合わせを行う場合にも、この言葉を使った方が確実に相手には部位を伝えることが出来ます。

乾燥肌の人にお勧めの入浴法と入浴剤について

Posted by user - 9月 9th, 2015

乾燥肌の人は、多くの場合、肌の表面に毛穴から分泌される皮脂の量が少なくなっており、それにともなって皮膚を外部の刺激から守るためのバリア機能が低下して刺激に弱い状態になっているため、肌トラブルを避けるためには入浴の仕方にも気を配る必要があります。

まず、一般的な石鹸やボディーソープには石油系界面活性剤というものが含まれているので、こうした石鹸・ボディソープで身体をタオルでゴシゴシと洗ってしまうと、皮脂を過剰に取り除き過ぎて乾燥肌を招いてしまいます。
また、こうした石鹸・ボディーソープは肌への刺激も強くて肌トラブルが生じやすいので、刺激の小さい無添加の石鹸を使用し、柔らかいタオルやスポンジで優しく洗いましょう。

また、37~39度程度のぬるめのお湯を張った浴槽にゆっくりと浸かると身体の血行がよくなって肌の新陳代謝も活発になるので、乾燥肌の症状改善にも効果的です。
最近は様々な入浴剤が販売されていますが、普通の人ならばなんでもないような製品でも肌のバリア機能が低下している乾燥肌の人が使用すると思わぬ肌トラブルを招く可能性もあるので、入浴剤の含有成分には十分に気をつけましょう。

なお、コチラのサイトでも紹介されているように、最近ではセラミドや天然の保湿オイルなどの保湿成分をたっぷり配合された「保湿入浴剤(入浴液)」も販売されているので、こうした製品を利用することをお勧めします。

楽チンな最後のひと品です

Posted by user - 3月 19th, 2015

我が家ではよくやるんですが、ちくわの中にきゅうりを詰めちゃう料理。
料理と言っていいのかは疑問になるくらい簡単な料理ですよね。
よくお弁当に入ってたりするのを見かけますが、我が家では普通の日に普通に食卓に並びます。

だってこういう食べ物って子どもに大人気だし、楽チンなんですもん。
どうして子どもってああいう手の込まないものが好きなんですかね。

Read More »

我ながら他人には見られたくない光景

Posted by user - 3月 12th, 2015

朝自分が起きて身支度をととのえ、お湯なんか沸かすと1日が始まります。

そして家族が起きてくるまでに、朝食の準備なんかするわけですが
それと同時に飼っている小鳥のカゴの覆いをとって小鳥達も起こします。

覆いをとると、巣箱からそれぞれ顔をのぞかせるので
「おはよう、昨日はよく眠れたかな。今日の調子はどう。」なんて話しかけたりするのです。
その後、金魚の水槽に行って金魚たちにも朝の挨拶をします。

Read More »

我が家の野菜たちはたくさんです

Posted by user - 3月 5th, 2015

私の家の裏には、ちいさな畑があり、だんなさまがせっせと野菜を作っています。

私は、たべきれるちょうどいい量がほしい、というのですが、だんなさまは食べきれないほどたくさんあった方がいいというタイプで。

今年も、沢山の野菜がならんでいます。白菜、小松菜、青梗菜、ホウレンソウ、大根にレタス、キャベツにブロッコリー。

ありがたいけれど、正直とてもさばききれないんです!
お友達にあげてもいいのですが、ほぼ無農薬なため、かわいい?虫さんが、いるんですねえ。

Read More »

療養したくてもできない

Posted by user - 2月 23rd, 2015

どうやら風邪を引いてしまったらしく、朝から頭痛に苦しんでいます。

頭痛薬というものも不思議なもので、
頭が痛くなり始めてから飲んでもなかなか効かないことが多いんですよね。

こういうときはあったかくしてじっとしているのが一番とわかってはいるけれど、一家の家事を預かる身としてはそうも行きません。

Read More »

雨の日は傘をさして散歩

Posted by user - 2月 19th, 2015

雨の日の育児はちょっと憂鬱。
なぜならば、子供と一日中家にいて、遊びの相手をするのが大変だからなのですが…。

ごっこ遊びを何回も何回も繰り返しやったり、DVDを何回も見たいとせがまれたり、
可愛い可愛い子供なのですが、だんだんイライラしてきたり、つまらないなぁーと思ってしまったり。

Read More »

初めて行ったランチのお店

Posted by user - 2月 11th, 2015

幼稚園ママ達と、ランチをしようと幹事になりました。
ママ友さんから聞いたお店を予約する事に。

朝ご飯からランチ、居酒屋もしているようです。

皆さん、チキン南蛮を頼んでいました。

居酒屋と言う事もあり、少し狭い感じではありました。
隣の個室に赤ちゃん連れのママさんがいました。

Read More »

自分で冷凍食品をつくろう

Posted by user - 2月 6th, 2015

毎日お弁当を作らなければならない主婦としては、
おかずのバリエーションで冷凍食品に頼ってしまうのは仕方ないことですよね。

でも、毎度冷凍食品を入れているのはなんとなく良心の呵責が・・・。
食品添加物も気になりますし、なんだかんだ言って自分で作らないものを家族に食べさせるのは不安です。

そして6ツ入で200円前後するのを毎週2~3袋も買えません。
Read More »

« Previous Entries