乾燥肌の人にお勧めの入浴法と入浴剤について

Posted by user - 9月 9th, 2015

乾燥肌の人は、多くの場合、肌の表面に毛穴から分泌される皮脂の量が少なくなっており、それにともなって皮膚を外部の刺激から守るためのバリア機能が低下して刺激に弱い状態になっているため、肌トラブルを避けるためには入浴の仕方にも気を配る必要があります。

まず、一般的な石鹸やボディーソープには石油系界面活性剤というものが含まれているので、こうした石鹸・ボディソープで身体をタオルでゴシゴシと洗ってしまうと、皮脂を過剰に取り除き過ぎて乾燥肌を招いてしまいます。
また、こうした石鹸・ボディーソープは肌への刺激も強くて肌トラブルが生じやすいので、刺激の小さい無添加の石鹸を使用し、柔らかいタオルやスポンジで優しく洗いましょう。

また、37~39度程度のぬるめのお湯を張った浴槽にゆっくりと浸かると身体の血行がよくなって肌の新陳代謝も活発になるので、乾燥肌の症状改善にも効果的です。
最近は様々な入浴剤が販売されていますが、普通の人ならばなんでもないような製品でも肌のバリア機能が低下している乾燥肌の人が使用すると思わぬ肌トラブルを招く可能性もあるので、入浴剤の含有成分には十分に気をつけましょう。

なお、コチラのサイトでも紹介されているように、最近ではセラミドや天然の保湿オイルなどの保湿成分をたっぷり配合された「保湿入浴剤(入浴液)」も販売されているので、こうした製品を利用することをお勧めします。

Comments are closed.

Blog Home