脱毛での、もみあげの類語は

Posted by user - 4月 23rd, 2017

「もみあげ」の言葉の印象は、あまりにも男性的すぎるということなのか、脱毛を行っているエステやクリニックでは、類語を使って紹介している場合もあります。
他の部位で言えばたとえばアンダーヘアの部位に関して、デリケートゾーンという言葉であったり、そのほかVIOライン、ハイジニ―ナなどといった紹介の仕方を行っています。
それによって清潔感があり女性的な印象を与えたりするといった効果があります。他者との会話の中でも、この部位を伝えやすい言葉です。
それと同じようにもみあげも、別の表現が使われていることが多いということなのです。
「フェイスライン」という言葉だと、下あごやあご周りを含むこともありますが、「フェイスラインサイド」であると、もみあげと同義で使われていることが多くなります。
ただし「もみあげ」はいちばんピンポイントに部位を想像できる言葉です。それだけのイメージを与える類語の存在が今のところはなく、定着もしていませんので、勘違いを防ぐ意味からも「もみあげ」と使われているのも多く見られます。
電話などでエステやクリニックに問い合わせを行う場合にも、この言葉を使った方が確実に相手には部位を伝えることが出来ます。

Comments are closed.

Blog Home